IT好きな男のぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ウインドウマネージャー考察と選択

<<   作成日時 : 2006/03/12 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在のデスクトップ

(現在の私のデスクトップ。)

Linuxで扱えるグラフィカルデスクトップ環境には、多種のものがある。その中でも、メジャーなものとしては、GNOMEとKDEである。
Debianのデフォルトウインドウマネージャは、GNOMEであるが、わたしの環境では、必ず起動時にXKB関連のエラーが出る。なおかつ、GNOME標準のmetacityは、細かいカスタマイズが出来ず不満であった。
そこで、細かいカスタマイズが可能なKDEに乗り換えてみたのだが、KDE標準のデスクトップマネージャーであるKDMからは、自動的にKDEを起動できず、なぜかコンソールが表示されるだけになってしまった。また、Qtライブラリ対応のInputModuleをインストール
しなければ日本語入力もできないという不満点もあった。KDEは、カスタマイズ性も良く、全般的にも良くまとまっていて、デザインも私好みだったので、是非ともKDEにしたかったので2日ほどねばったのだが、あきらめた。どうしてもKDMがダメであった。

結局、GNOMEに戻したのだが、KDEで2日作業した自分の目には、あまりにさびしいデスクトップ環境であった。そこで、Xfce4を入れてみた。軽くて高機能なウインドウマネージャーとのふれこみは確かに真実であったが、タスクバーとパネルをいっしょにできるプラグインが、Debian公式パッケージには入っておらず、デスクトップが狭くなってしまった。ここだけが不満で、結局GNOMEにもどすことになった。

GNOMEに戻してから、テーマを変えてみたり、背景画像を変えてみたりといろいろと見かけを変更して、なんとかなっとくいく見かけへと持っていって、今、この記事を書いている。今、考えれば、GNOMEは、バランスよく良くできているデスクトップ環境である。
キーバインドも、Windows標準にあわせてあり、乗り換えがしやすい。また、相当程度の見かけに関するカスタマイズは、GUIで出来るし、難しくもない。シンプルであり、カスタマイズが、それほど柔軟ではないというのは、Windowsそっくりだが、それが、これからの標準を目指すGNOMEとしては正しい選択なのかもしれない。

まあ、私にとってはGNOMEが、比較的簡単だったというだけで、他の人には、逆の結果になっているかもしれない。KDEやXfceの方が、動作が比較的軽く、デザインも好きだ。今度、クリーンインストールするときには、カーネル2.6+KDM+KDEで、いってみたいものだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウインドウマネージャー考察と選択 IT好きな男のぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる